スタッドレスタイヤ 北海道 おすすめ

北海道の冬は氷点下10度以下が1日中続くので、アイスバーン、ミラーバーン、ブラックアイスバーン、さらさらの積雪路など、これ以上過酷な環境はないでしょう。

 

おすすめは当然、ブリザックVRX3、ヨコハマアイスガードiG70など、発泡気泡ゴムで作られているスタッドレスです。

 

ポイントは、これらをいかに安く買うかです。

 

例えばVRX3ですが、高いお店では195サイズが1本2万円以上します。4本では10万円弱です。ところが、ネットショップで買うと、同じサイズのタイヤが1本1万6千円とかで売られているんです。4本で6万円強。

 

北海道の方は、高性能タイヤを安く買うことを考えてはいかがでしょうか。

 

 

タイヤの値段はお店によってかなりバラツキがあります。ネットショッピングもしかりです。ネットで買うと送料もかかります。送料もお店によってかなり違います。北海道は本州より送料が高い点にも注意してください。

 

送料込み(送料無料)は、一見お得に見えますが、実はタイヤの値段が高めに設定されています。

 

トータルでいくら支払うことになるかが重要なので、送料込み(送料無料)のお店と、送料がかかるお店を比べて1位から5位ぐらいまでを出し、一番安いところで買うのがいいと思います。私もこのようにして買っています。

 

ブリジストン ブリザック VRX3のページへ

 

そのほかのお得ポイントを上げますと、

 

 

アルミホイールセットで買うとお得です

サイズにもよりますが、タイヤ代+2万円〜3万円ぐらいでアルミ4本がついてきます。

 

 

タイヤだけを買うときは、ホイールに組み付けてくれるお店を確保しておきましょう

ネットで買ったタイヤをカーショップに持ち込んでも、組み込みしてもらえません。持ち込み可と出ているお店か、ディーラーさんかガソリンスタンドで頼むといいです。組み替え、ホイールバランス、廃タイヤの処理で4本分で1万円前後かかります。

 

あらかじめ持ち込みで組み替えできるところを確保しておきましょう。

 

 

アルミホイールセットを買うときは、適合する形状のナットを一緒に買うこと

車によって違いますが、スチールホイールのナットはアルミホイールでは使えないことが多く、テーパー形状のナットを使うことが多いです。ネットで買うときに車種と型番を書いて問い合わせすると、きちんと教えてくれます。

 

もしもナットが必要なときは、ナットだけを買うと高いので、タイヤと一緒に注文するといいです。

 

 

スポンサードリンク
プロフィール