スタッドレスタイヤ 格安銘柄 ナンカンタイヤ

数年前から輸入タイヤが目につくようになりました。
輸入タイヤと言っても、ミシュランとかピレリとかグッドイヤーなどの有名ブランドではありません。

 

HANKOOK(ハンコック)・・ 韓国
NANKANG(ナンカン)・・・ 台湾
NEXEN(ネクセン)・・・・・韓国
FEDERAL(フェデラル)・・・台湾
KUMUHO(クムホ)・・・・・韓国

 

こんなブランド名を聞いたことはないでしょうか。
ナンカンタイヤ。
日本で一番売れている輸入タイヤです。

 

タイヤショップで一番売れているアジア製タイヤは、ナンカンタイヤだそうです。

 

数えきれないほどの本数を販売してきて、実際にタイヤを履いているお客さんの評判は上々だそうです。ナンカンタイヤの開発拠点は北海道です。

 

ナンカンタイヤの最新モデルAW-1が2020年に出ました。

 

従来のESSN-1というスタッドレスは、氷上性能も非常に良いと評判だったので、AW-1も期待できますね。

 

2年〜3年に一度の買い替えになっても、2年落ちタイヤでは1本6,000円以下であるので、格安であることには変わりませんね。

 

⇒ AW-1のページはこちらです。

 

ナンカンタイヤはこちらで通販しています。

 

⇒ ナンカン AW-1

 

一番のメリットは価格

 

AW-1は、特殊コンパウンドでアイスバーンでの性能向上、雪路そしてドライでの効果の高さを謳っています。シビアに氷上性能を求める方にはVRX2をおすすめしますが、本州の方には満足できると思います。

 

ナンカンタイヤのAW-1やESSN-1に関しては、性能は国産タイヤと互角と思います。

 

特に関東以南の方には、AW-1やESSN-1をおすすめします。

 

ただしESSN-1は2年ほどで性能の低下が見られたので、AW-1は評価を待たなければなりません。

 

車の維持費を抑えたい
車は仕事で使っているので、タイヤは安いものに
こういう方にもおすすめです。

 

普段は雪が降らない東京以南の地方でも、最近の異常気象は雪を降らせます。名古屋でも大阪でも高知でも積雪がありあました。
でもほとんどの方はノーマルタイヤです。

 

ナンカンタイヤは格安スタッドレスですが
ノーマルタイヤに比べれば何百倍も安全です

 

普段は雪が降らない地方の方にこそおすすめします。

 

⇒ ナンカン AW-1

 

 

スポンサードリンク
プロフィール