タイヤチェーン着装規制

2018年1月、2月は全国的に大雪が降りました。

 

大型トラックなどが身動きできなくなり、国道が何日にも渡って通行できない状態が続きました。そのことがきっかけとなりチェーン規制が変わります。
これまでのチェーン規制はこんな感じ
・普通タイヤ+タイヤチェーン着装
・スタッドレスタイヤはそのままでOK

 

それが2019年からは2段階の規制になりました。

 

冬タイヤ規制

・普通タイヤ+タイヤチェーン着装
チェーン規制
・スタッドレスタイヤ+タイヤチェーン着装

 

 

混乱を避けるため、冬タイヤ規制(スタッドレスなどを着装)とチェーン規制(文字どおりチェーン着装)の2段階になるようです。

 

一般の人は、金属チェーンなどをかけたことはまず無いでしょう。多くの方が今後購入するのは、次のような樹脂製のチェーンになると思います。

 

見てお分かりのとおり、雪や凍結路には効きそうですが、消雪装置のある雪のない路面では逆に滑りやすいし、カーブで踏ん張る力は期待できません。雪道専用と考えたほうがいいです。

 


 

なので、チェーン規制が出て着装したあとに雪のない路面を走るシーンに出くわしても、決してスピードを出しすぎないことが大事です。

 

どこまでがチェーンと解釈されるのか詳細が分かりませんが、緊急脱出用としてはこんな製品があります。タイヤ全体ではなく部分的に装着します。脱出用としては十分な効果が期待できます。このままで雪のない路面を走ると振動が激しいので、こちらの方がより雪道限定です。

 

 

 

今後の情報に注意が必要ですが、業務で走る車にはすでに準備をしておくのがいいと思います。

 

 

スポンサードリンク
プロフィール